上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どもです


うちのニャンこ達も鼻水たらして。。



ちと風邪気味でございます。。。



こないだ行きつけの病院に行ってきました。。



食欲もあるし元気に動き回ってるのでまったく心配してないですが。。。




こんな記事を見つけたので


載せてみたいと思います。。。



ペット専用温水プールも 現代病を予防する動物病院、さいたまに開院

埼玉新聞 2/5(日) 10:30配信



ペット専用温水プールも 現代病を予防する動物病院、さいたまに開院


獣医師の渡澤英範さん(左端)と、プール室の壁画を描いた(右から)黒沼大泰さん、岡部遼太郎さん、井上雅未花さん=さいたま市岩槻区


 ペットにも肥満などによる現代病が増えている中、通常の治療のほか、生活改善を促して病気を予防する動物病院「ドルフィンアニマルホスピタル浦和美園動物医療センター」が19日、埼玉県さいたま市岩槻区美園東3丁目(尾ケ崎新田)に開院する。獣医師で総院長の渡澤英範さん(42)は「動物と人とが幸せな人生を送れるよう、最適な医療を」と話している。
.

■恵まれた時代

 渡澤さんは動物病院での勤務を経て、2003年に同市緑区東浦和に動物病院「ドルフィンアニマルホスピタル」を開院した。そこで感じたのは、通常のけがや病気による来院に加え、食べ過ぎや運動不足が原因の肥満、関節痛、アレルギー、高齢化による運動機能低下など、人間と同じ「現代病」の症状を訴えるペットが増えていることだった。

 最近はペットの室内飼いが増え、人と同じ環境に住んでいる。ペットフードの種類も豊富。ペットにとって「恵まれた時代」となり、長生きできるようになった。その半面、室内で飼っていると、どうしても運動不足になりがちに。飼い主は身近な場所で生活するペットに愛情を注ぎ、「喜ぶから」と餌を与え過ぎてしまうことも。

 これらは飼い主の注意で事前に防げること。病気の治療だけでなく、生活改善を促して病気を予防する施設づくりを目指すことになった。
.

■良きパートナーに

 同センターは埼玉スタジアムの東側約1キロにある新興住宅地にある。最大の特徴は室内に設けられた2メートル×5メートルの動物専用の温水プール。体が浮くため、脚や関節に負担が少ない。それぞれの犬に合わせてプログラムを組み、水流による負荷をかけ、運動機能回復や体力向上につなげる。

 また、「餌をあげ過ぎない」といった食事や、散歩などについて、それぞれのペットに合わせた生活指導も行うという。

 そのほか、1階の待合室と診察室は犬と猫のスペースを完全分離。猫が犬の姿や声におびえ、ストレスを受けないよう配慮した。

 プール室の壁面には、多摩美術大学の学生で画家として活動している井上雅未花さん(26)、岡部遼太郎さん(25)、黒沼大泰さん(23)の3人に作画を依頼。草原で自由に遊ぶ犬や猫の絵を描き、明るい雰囲気を醸し出している。

 かつて犬、猫計8匹と一緒に暮らしていたという渡澤さん。その中で「人が動物と暮らす幸せ」と「動物が人と暮らす幸せ」の在り方を考えたという。「ペットは家族だが、人間ではない。まずは動物であるということを理解し、飼うための知識を持ち、動物として命を尊重してほしい」。渡澤さんは獣医師として、人と動物が互いに良きパートナーとして過ごせるよう、呼び掛けている。

【メモ】同センターではペットホテルを併設するほか、保護された犬猫のシェルター開設も予定している。11、12日には一般向け内覧会を実施(予約不要)、時間は両日とも午前10時~午後6時。開院後の問い合わせは、ドルフィンアニマルホスピタル浦和美園動物医療センター(電話048・798・9912=19日以降)へ。
スポンサーサイト

ども、いよいよ師走って感じでめっちゃ冷えてきましたね(´;ω;`)ウッ…




今年も残すところ21日





なんだか早すぎだろって感じ。。。





今年は何したっけ??





と考えてみたが。。。





年とっただけ(´;ω;`)ウッ…




ホント o(゚Д゚)っ!ですかっそれだけですか。。。





な気がします






そうそう鉄拳の 振り子というパラパラ漫画(動画)見ましたか??





パソコン・スマホで見れます

http://www.youtube.com/watch?v=XPBfaMsA97o






ちと感動します。。








おいら大泣きです(´Д⊂グスン






ではまた。。。

僕も以前里親探しの仲介などの動物保護に参加していました

家にいる猫今は3匹ですが以前は、6匹いた事も・・・

全て捨て猫・・・

3匹は路上で保護した子

2匹は里親探しのボランティアしていた時の預かった子

ミーすけ(男の子)は事故でひかれ草むらでうずくまっていたところに出会いました

全身骨折、あごもずれ頭蓋骨も変形していたんです

忘れもしない・・5/2

ゴールデンウィーク真っ只中でペットの病院はどこも連休

そんな中、いちろうさんは、快く見てくれました

「面倒見れますか?」と問われ

「見ます」

なら、「全力で努力します」

嬉しくて泣きましたよ  大泣きです。。。

おかげさまで36時間の手術2週間の入院の末

我が家へ。。。

うちにはすでに、5人の子(女の子)


はぁーはぁーと 威嚇され 奇跡的に生還し

3本の脚で歩き、生きてくのもやっとのの思いのミーすけに それかい!!

理解できるわけもなくずっと仲間はずれ。。。。

部屋の中では、僕と二人の男子でいつもくっついて過ごしてました。。

記事を読み思い出しました。。。

正直、今の自分があるのは、この子達のおかげです。

他界した子達も16年15年とずつと一緒にいてくれました

沢山、僕にあたえてくれました

幸せ、笑顔、喜び、安らぎ、生きがい、etc。。。

ありがとう。。。

動物達にあるのは、純粋だけです

いじめたり、捨てたりしないでください。。。命です。。。

人より多くのモノを与えて支えてくれる大切な存在です。。

そんな命のために出来る事をしようと思った記事です

自分の事ばかりで、忘れていました。。。

もっと沢山、書きたい事はありますがこの辺で

以下、転載ですが

産経新聞 12月1日(土)19時19分配信

 華やかな顔立ちに抜群のスタイル…。妖艶なセクシー女優のイメージが強い杉本彩さん(44)には、実は熱心な動物愛護活動家の顔がある。もともと京都出身だが最近、再び京都市民になった縁で市のイベントに協力したり、今月6日には同志社大のシンポジウムにも参加。もちろんボランティアだ。愛護活動には費用がかかるため、芸能活動に加え、美容関連のビジネスにも本腰を入れ始めた。一見すると、結びつかない「美」と「動物愛護」。それも動物たちの命を救うため、自身の知名度とイメージを活用した杉本さんならではのアプローチだ。(山上直子)


 ■「里親」続けイヌ3匹とネコ10匹

 「でんちゃん、緊張してるの? 写真撮られるの、初めてなのね」。オスのロングヘアーチワワ、でんじろうは杉本さんのやさしい声に、大きな黒い目をゆっくりとしばたたかせて応えた。

 現在、京都市内の自宅でともに暮らすのは、イヌ3匹にネコ10匹。イヌはすべて、悪質な繁殖業者が経営破綻して保護されていたのを引き取った。ネコも、東日本大震災の被災ネコやその子供もいて、自宅の中はにぎやかだ。

 驚いたのは、人間の赤ちゃん用の小さなベッドに寝かされた黒ネコのさくら。小脳に障害があるため、歩くこともできず寝たきりという。たまたま見学した行政の施設で出会った。「この子は間違いなく処分だなと思ったら、やっぱり見て見ぬふりはできませんでした。本当に引き受けられるかすごく悩んだんですけれど」

 重い障害があっても、さくらは時折大きな声で鳴いて自己主張する。必死で食べ、からだじゅうで「生きたい」というエネルギーを発散させている。それが動物の本能だからだ。「動物がすごいのは、今を生きることがすべてだということ。人間は後ろを向いてしまうこともあるけれど…。さくらのそんな姿に、生きることの本質を教えられます」

 ■化粧品にジュエリー…ビジネスウーマンの顔

 もともと子供の頃から動物好きだった杉本さんだが、ボランティア、そして本格的な愛護活動へと進む中で、一時、自分が代表となって施設を運営することも考えた。「でも、私よりはるかに知識を持って活動している人が大勢いる。その活動がより広くスムーズにいくように応援するのが私の役割じゃないかと思うようになって」

 女優の知名度を生かした広報・啓蒙(けいもう)活動。「杉本彩」という人間だからこそできる最大限の関わり方を、いまも模索している。とはいえ、ボランティアで愛護活動に取り組んでいくには当然、資金がいる。「もともとあまり好きじゃなかった」という芸能活動にいっそう本気で取り組む決意が生まれたのも、愛護活動ゆえだ。「目的がはっきりしたので、生まれて初めてお金がほしいと思うようになった」と笑う。

 テレビやCMなどでの芸能活動に加えて、本腰を入れ始めたのがビジネスだ。自らの化粧品ブランドや美容茶、ジュエリーブランドとのコラボレーションなど、杉本さんならではの、いわば「美のビジネスモデル」を構築しようとしている。

 ■ふるさと京都から発信

 一方、さまざまな愛護活動に参加する中で、現在、京都市が計画している「京都動物愛護センター(仮称)」を応援するため、チャリティーイベントを企画中だ。6日に京都市上京区の同志社大学(神学館)で開かれる公開シンポジウム「動物愛護のために私たちに何ができるのか」にもゲストで出演する予定。学生だけでなく、広く一般にも参加を呼びかけている。

 杉本さんが取り組もうとしているのは、単に動物虐待の防止や捨てネコ・イヌの保護という“川下”の問題だけではない。ガラスケースに入れた命を売り買いする日本のペット産業のあり方そのものを問い直し、人々の意識、社会の関わり方にも至る大きな課題だ。一筋縄でいかないのは百も承知だが、それでも、「自分の人生で明確な目的を持てたことって、しあわせだと思うんですよ」と笑った。

里親探し掲示板
ペットのおうち
里親募集whiteCat
全国里親さがしねっと
みんなで犬・猫を救おう!
杉本 彩さんのブログ
ぜんこく犬猫助成金リスト
全国の犬猫殺処分の現状


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。